Foto.JPG

こんにちはミュンヘンの田村です。
先週はドイツ国内の卸業者を回って来ました。
そこで、面白い事実を発見したのですが、ドイツに限らず世界各国で良い水産物を買うにはたとえそれが外国産の物でも築地から輸入したものが良いという事です。
例えばドイツでロシア産のイクラを買う場合、ロシアから直接輸入するより、築地から輸入した方が物が良いのです。
そのとき思い出したのが昔、レクナーというアメリカの社会学者が「築地はグローバル水産業のハブになる。」と言っていたことです。
世界各国で取れた水産物は一度築地に集まり、そこでついた値が世界基準となり、また世界に運ばれていくというのです。
つまり世界で築地の仲買人程の魚に熟知した人間はいないという事です。
おそるべし築地の仲買人ですね。

footer_img