DSC_0486

『セイコガニ』
ズワイガニの雌で
山陰地方では『セコ蟹』と呼び
丹後地方では『コッペ蟹』と呼び
その他にも『香箱蟹』と呼ばれたり
地方によって様々な呼ばれ方があります。
大きさはズワイガニの雄に比べ
1/3~1/4位の大きさです。
セイコガニの特徴はなんといっても
お腹のなかにあります。
プチプチした食感が楽しめる
『外子』と
クリーミーで味わい深い
『内子』、
身もしっかり詰まっていて、
小さいながらも蟹の美味しさを
全て兼ね揃えています。

セイコガニが楽しめるのも今年一杯

すし堺にて旬の食材を楽しみませんか?

footer_img