20150531_150145.JPG

入梅いわし

いわしに脂がのってきて美味しい季節となりました。
一般的にはいわしの旬は産卵前に栄養を蓄える晩秋とされておりますが、地域によっては初夏が一番美味しいと言われております。
特に関東では6月〜7月ごろのイワシを「入梅いわし」とよび、一年で1番美味しい時期といわれ、いわしで有名な銚子では「入梅いわしまつり」が開かれるほどです。
昔は寿司ネタに下魚のいわしを使うことを倦厭されておりましたが、それは輸送技術の乏しかった時代にいたみやすいいわしは生食にむかなかった頃の話で、実際はすごく美味しい魚です。
それどころか漁獲量も減り値段も上がってきており、将来は「超高級魚」「幻の魚」になるとさえいわれております。
今の時期にしっかりと食べて頂きたいと思います。

footer_img