Foto.JPG

こんにちはミュンヘンの田村です。

今日はドイツで見つけた美味しいワインを紹介します。
その名も
「寿司ワイン」
なんともシンプルで分かり易い名前ですが、漢字に慣れていないヨーロッパの人にとってはエキゾチックで面白いらしいです。
このワインはスペインのワイナリー、ウニオ・セラーズ・デル・ノヤで作られています。同ワイナリーにはYoko Satoさんという日本人醸造家がおり、彼女がオロヤブランドを手がけている様です。
お寿司などトラディショナルな日本食とのマリアージュを考えてモスカテル、アイレン、マカベオの3種の葡萄をブレンドして作られたそうです。
寿司と合うかはわかりませんが、魚の生臭さや酢のエッジは確かに気になりませんでした。ただ、単純にとても美味しいワインでした。フレッシュな口当たりで甘すぎず、後口もスッキリとして、上手くは言えませんが何本か持って帰るので、是非一度飲んでみて下さい。

footer_img