20150621_180801.JPG

梅雨イサキ

イサキが美味しい季節となりました。
魚は産卵に向け、餌を豊富に食べ始める為、太って脂がのってきます。しかし一転、産卵期になると白子や真子に栄養を取られ身が痩せ始めてしまいまう為、産卵期前が一番美味しいとされております。
しかし中には例外で産卵期が「旬」とされる魚もいます。
イサキもその例外の魚のひとつ産卵期に入ってから美味しくなります。
産卵期は梅雨から初夏で、梅雨に入った頃から太り始めて美味しくなる為に「梅雨イサキ」といわれたりもします。
皮も美味しい魚ですので当店では皮を炙る「焼き霜造り」でお出ししております。しつこくなく、さらりと上品な脂の旨味、皮の食感と焼いた香りが食欲をそそります。
是非味わってみてください。

footer_img