IMG_0447.PNG

おはようございます。
フランクフルトの田村です。
年末にパリ郊外にあるランジスという市場に行って来ました。
世界最大の市場でここからパリ周辺の各市場に食材が届く様になっています。最近は流通が発達したためパリだけではなくフランスの他の都市やその周辺国からも調達に来るため、ヨーロッパの中央卸売市場という存在です。一般の人は立ち入り出来ないのですが、それでも234ha(築地の十倍)もある敷地内に朝も3時から賑わっておりました。僕がいるフランクフルトからも約600キロの距離でトラック輸送できる範囲の為フランクフルトにも沢山の食材が来ております。
この時期の海産物の主役は牡蠣でどこも売り場の1/3は牡蠣を置いておりました。フランス人は本当に牡蠣が好きで、パリのカフェにいた時も隣のおじさんは牡蠣だけを20個ぐらい食べてました。 思わず声をかけてみたら「この時期のライチは牡蠣と白ワインと決めているんだ。毎日食べているよ。」と言っていました。
色々勉強になりました。

footer_img