月別アーカイブ: 2017年3月

image1.JPG

すし堺仕入れ担当の山下さん。
今日で築地を卒業して愛媛の実家の
漁業の仕事を継ぐそうです。
今まで沢山無理を言いながらも
笑顔で対応してくれた山下さん。
山下さんや築地のみなさんのおかげで
すし堺のお客様に美味しい魚を
提供することができています。
ありがとうございました!!

おはようございます。先日静岡県の下田の漁港よりカンコと鬼カサゴという魚が届きました!!聞き慣れない名前だと思いますが、でかい方はカンコという魚で、メバル科の魚で別名ウッカリカサゴというそうで頭がとてもデカイのが特徴で湯引きして締めると柔らかく美味しい高級魚で煮付けなどでも美味しく召し上がれます。小さい方は鬼カサゴという魚で、カサゴ科の魚で一般の市場では流通量が少ない高級魚です。身はとてもプリプリで皮や内臓などを使って味噌汁にしても美味しく召し上がれます。
これからどんどん珍しい魚の情報を発信出来たらと思いますので今後とも宜しくお願いしますm(._.)mIMG_7390.JPG

IMG_0060.JPG

今月からすし堺の一員になりました
渡邉  洋史  です
埼玉県出身です
年齢は23歳です 
未熟者ですが頑張ります
これからよろしくお願いします

IMG_1946.JPG

一階のカウンターに飾ってある盆栽。
実は毎週替えてるんです。
何気ない風景にもこだわりが隠れてます。

おはようございます。2月27日、28日と富山に研修の旅に行ってきました。マス寿司工場、かまぼこ工場、マス養殖場、野菜競り場等、地元特産の食材や物に触れてきました。 
氷見の朝イチの競り場の見学もありましたが、なんと、まさかの時化の為船が出れず水揚げほぼ0···競り場独特の雰囲気、様子を体験できず残念、自然の力には勝てず(*_*)
場所を変え、新湊漁港で昼イチの紅ズワイガニの競りの見学です。この日は1000~1500杯もの水揚げがありましたが、ものの15分で取引終了してました。小気味良く競り落とされていくのは爽快でかっこよさを感じました。(競り独特の声の掛け合いは相変わらず理解不能でしたが(^-^;)

富山湾は近海から既に水深が深く 立山連峰から5本の大きな河川の、大量の雪解け水が勢い良く河口に流れ、それら独特の土地環境が混じりあって富山特有の魚介等が生息する要因だそうです。白海老 ほたるいか ずわいがに のどぐろ ぶり等メジャーどころから、げんげ がんこ等関東では馴染みのない魚まで多種多様、なんと500種類もの種類の水揚げがあるそうです。(げんげ、がんこ興味があるかたは調べてみてください。)
この2日間の体験をいかして富山の食材を積極的に使っていけたらなと思います。