2015年5月31日
20150531_150145.JPG

入梅いわし

いわしに脂がのってきて美味しい季節となりました。
一般的にはいわしの旬は産卵前に栄養を蓄える晩秋とされておりますが、地域によっては初夏が一番美味しいと言われております。
特に関東では6月〜7月ごろのイワシを「入梅いわし」とよび、一年で1番美味しい時期といわれ、いわしで有名な銚子では「入梅いわしまつり」が開かれるほどです。
昔は寿司ネタに下魚のいわしを使うことを倦厭されておりましたが、それは輸送技術の乏しかった時代にいたみやすいいわしは生食にむかなかった頃の話で、実際はすごく美味しい魚です。
それどころか漁獲量も減り値段も上がってきており、将来は「超高級魚」「幻の魚」になるとさえいわれております。
今の時期にしっかりと食べて頂きたいと思います。

2015年4月22日

FullSizeRender徐々に平均年齢が上がっていく寿司業界に新たな風が登場です。
「あらかわ まさし」君。15歳の板前見習いです。
皆さん、暖かい目で見守ってやってください。

「皆さん、初めまして。あらかわ
まさしと言います。中学を卒業したら寿司職人になろうと決めていました。色々とご迷惑をおかけすると思いますが、精一杯頑張りますのでよろしくお願いします!」

2015年3月27日
photo_3.JPG

三寒四温と申しますが、ようやく春めいてまいりました。
当店では只今、常連のお客様にご好評頂いている「ウニ飯」をご用意
しております。築地より生きたウニを仕入れ、綺麗に掃除し、殻付きウニの中に酢飯を入れ、生海苔、うずらの卵をのせて焼きあげます。磯の香ばしい香りが鼻腔をくすぐり、食欲を掻き立て、ウニと卵の甘みがなんともやみつきにさせます。
メニューにはのせていない「裏メニュー」ですので板前に尋ねてみてください。

footer_img